松阪牛とは

有名な牛肉で、松阪牛というものがあります。

とても高級でおいしいものだと言われています。

松阪牛というのは、どのような定義がされているのでしょうか。

松阪牛は、松阪市を中心とした地域で育った牛(黒毛和牛)であること、出産経験がない雌牛であることとされています。

子牛を県外から購入して、育てます。

子牛はだいたい生後8カ月前後のものです。

子牛の購入先は、兵庫県や鹿児島県、宮崎県、北海道となっています。

最近は、但馬牛の兵庫県からの購入が多いそうです。

育てるのは松阪の飼育農家で、三年かけて育てます。

えさは昔から変わらず、ふすまや稲わら、大豆粕、大麦などです。

牛にビールを与えたりするのをテレビで見たことがありますが、あれは牛の食欲が増進して、たくさんえさを食べてくれるからだそうです。

焼酎を牛の体に塗って、マッサージする農家もあるようです。

こうすると毛並みが良くなります。

また、皮下脂肪をまんべんなくつけるためにマッサージは必要なのだそうです。

松阪牛の肉は、霜降りがきれいに入っていて甘みがあり、とてもやわらかいのが特徴です。

よく、お箸で切れると言われていますが、まさに松阪牛はそういう肉です。

高級な肉になる牛は、とても大切に育てられているのです。

松阪牛は、どこの肉屋さんでも売っているものではありません。

スーパーなどでも見かけることはほとんどありませんね。

それだけ貴重な肉なのがわかります。

松阪牛を買うなら、お肉専門店で買うことをおすすめします。
おいしい情報⇒松阪牛の達人